身長を伸ばしたい人に

身長を伸ばしたい人に必要なもの

子供の背が伸びないと悩むお母さん、背が低くてコンプレックスを持っている子たちも多いことでしょう。身長を伸ばすには何が必要なのか?どうしたらいいのか?調べてみました。

 

 

 

 

 

成長ホルモンって良く耳にしますよね。まずはこれが必要。

 

普通、人の体の中にあるものなのですが、まれにこのホルモンが不足して低身長と診断される人もいるんですね。

 

 

 

成長ホルモンの注射などもあるようですが高額ですし、負担です。それに代わるものが「アルギニン」というアミノ酸です。このアルギニンのサプリなんかも多く出てきてるみたいですね。

 

 

 

 

 

背を伸ばすために必要なもの。睡眠です。「寝る子は育つ」古くから言われていますが、理にかなった言葉なのですね。良く寝ることで身長も伸びるものです。特に夜の10時から2時にかけては成長ホルモンが多く分泌されるとのことで、夜更かししたり睡眠時間が短いと言う場合には背が伸びにくいというわけなんですね。

 

 

 

 

 

他にも姿勢を正すとか、たんぱく質を摂るとかと言う方法もあります。また、セノビックのような機能性補助食品なども利用するというのも手軽でよいかもしれませんね。

 

 

 

 

どれがいいかというのは、やはり個人差があるので、自分やお子さんにあった方法を選ぶことが大切かと思います。

 

 

成長期を過ぎても身長を伸ばす方法

 

もう成長期は過ぎてしまったけど、まだ諦めたくない!まだ身長を伸ばしたい!その方法を探ってみました。

 

 

 

まず、姿勢や骨の歪みを正すことです。

 

@猫背・ O脚・X脚・骨盤など改善する A日常のクセ・歩き方を改善する必要があります。それだけでも1〜8p身長を伸ばすことが可能です。

 

1、ストレッチをする

 

身体が凝り固まったら伸びるものも伸びません。身体を柔らかくして身長を伸ばしやすくしましょう。特に寝る前のストレッチが新陳代謝を高めるので効果的だそうです。

 

 

 

2、ヨガをする

 

ヨガの「サギのポーズ」には、足を長くするだけでなく、足痩せやリラックス作用もあります。

 

ストレッチもヨガも毎日続けることが何より大切です。継続はすなわち力なりです。

 

 

 

3、整骨院やカイロプラクティク院に通うのもひとつの方法です。身体の歪みを直す専門家ですから。

 

数ヶ月通院して4〜5p伸びた人もいます。

 

 

 

次に、月並ですが、ストレスをためないことです。

 

ストレスは成長の大敵です。ストレスがたまると、成長ホルモンの分泌が減り、食欲もなくなり、情緒不安定になって、睡眠も浅くなってしまいます。

 

 

 

そして、熟睡できる環境に整えることです。

 

骨が伸びるタイミングは9割が睡眠中です。熟睡すると、成長ホルモンもたくさん分泌されます。

 

 

 

もちろん栄養のバランスも大切ですよね。牛乳と混ぜて手軽に必要な栄養素がとれる「セノビック」をおすすめします。

 

セノビックの口コミで疑問解決!〜背は伸びる?〜

身長を伸ばしたい人に記事一覧

女の子は何歳まで身長が伸びる?

女の子は何歳まで身長が伸びるのでしょうか?身長が伸びる成長期について見てみましょう。成長期を二つに分けて説明すると、まず、思春期を迎えた後の3〜4年間(女子は小学校高学年〜中学生)をいいます。次に、骨に骨端線が残っている時期までで、女子で15〜16歳です。だだし思春期を迎えるのが遅いと22歳頃まで骨...

≫続きを読む